SEとして遣り甲斐をもって働くために 転職も賢い選択!?

IT業界の中でもSI業界は特殊で、いわゆるITゼネコン体質により下請け・孫請け会社に入社した場合、将来的なキャリアアップが非常に難しい構造になっています。このため、「将来的に遣り甲斐のある仕事に就きたい」という人にとってSlerは期待外れの場所であり、SEからの転職を考える人も少なくありません。転職理由として多かったのが下記のような意見でした。

・SEとして充てがわれた仕事が単調なプログラミングやテストばかりでキャリアアップにならず、将来像が見えにくい

・仕事量や残業も多いのに給料が安いなど待遇の悪さから、転職を考えるSEの方も少なくありません。

・大手企業のお抱えSEなので、クライアントから無理な要求や振り回されることも多い

しかし、将来的にキャリアアップやスキルを積んでいきたいのであれば、やはりそれ相応の環境で働く必要があります。システムエンジニアは「つぶしが効かない職業」とよく言われますが、実際に新しい方向に転身を図り見事に成功している人もたくさんいます。

今の職場でエンジニアとしての価値を高められなければ、大きなマイナスになります。実際、将来的にキャリアを積んでいくために職場にこだわりをもつことは非常に重要ですし、転職を考えることは前向きな選択でしょう。

そこで今回は、SNSサービスやユーザーのスマートフォンシフトが進む中、著しい成長市場として需要が高まっているスマートフォンアプリ開発エンジニアへの転職に関するお役立ち情報を紹介します。

スマホアプリ開発エンジニアってどんな仕事?SEとして求められるスキルは?

スマホアプリ開発エンジニアは、その名の通りスマホ向けのアプリの開発を行うことが主な仕事内容です。スマホ向けのアプリは、動画やソーシャルゲームなど多岐に渡り、それぞれのアプリ開発に必要な技術も異なります。

スマホアプリ開発エンジニアの平均年収は約460万円です。最も多いのが年収400万円台で、続いて年収300万円台となっています。全体的に年収が高めなIT系エンジニアの中では低めの設定となっていますが、この理由としてスマホアプリ開発の歴史がまだ浅く、管理職に在職するスマホエンジニア自体が少ないことが考えられます。

ただ、都内のスマホアプリ開発エンジニアの派遣社員の平均時給は2200円~2500円と高めに設定されているなど、スキルや能力が高ければ、自分の好きなスタイルな働き方で高収入を得られる点がスマホアプリ開発エンジニアのメリットです。

スマホは大きく分けて、iPhoneやiPadに組み込まれているiOSとそれ以外の端末に組み込まれているAndroid(アンドロイド)の2つのOSがあり、それぞれ特徴があります。使用する言語は、iOSの場合、Objective-Cで、AndroidではJavaとなります。このため、それぞれ専門のエンジニアがどちらか1つのOSを担当するスマホ開発エンジニアが多いのが特徴です。このため、SEとしての経験が豊富で、特にIOSとAndroidの2つのアプリを開発できる高いスキルを持っている人は重宝され、転職後給料がアップするケースも多いです。

また、iPhoneやAndroidなどのアプリ政策経験者(エンジニア)は特に即戦力を求められる傾向がありますが、まだ経験者自体少ないのでWeb開発のシステム経験があればチャンスは十分にあります。さらに、アプリ開発だけでなく、企画力やプロジェクトリーダーとして経験があると転職も非常に有利ですし年収600万円以上も充分に可能です。

スマホアプリエンジニア転職 注意するべき点と成功ポイント

SEからスマホアプリ開発エンジニアへと転職を希望する人は、自分のスキルや遣り甲斐のある仕事を求めて転職をするケースがほとんどでしょう。しかし、転職後に「給料が安い」、「遣り甲斐のある仕事ができない」などミスマッチが生じた場合、また転職することにもなりかねません。

このため、まずは転職先の企業の会社概要や方針、ビジョンから給料、業務内容に共感をもて遣り甲斐をもって臨めるかなど、会社に対するモチベーションを醸造してから行動を起こすようにしましょう。

また、面接で自分のやりたい仕事ができると聞いたから入社したのに、実際に入社すると雑用がかりで「思い描いていた業務内容とはまったく異なっていた」というケースも多々あります。そこで、転職の成功率を上げ、さらに転職後のミスマッチを防ぐために、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントも多種多様ですが、中でもスマホアプリ開発エンジニアの転職実績が多く、内情をしっかりと把握しているIT系企業に特化した大手の転職エージェントを選びましょう。

転職希望者と企業の橋渡しをする転職エージェントは、数多くの転職をサポートしており、転職希望先の企業が求めるスキルやどういった部分を強くアピールするべきか等の自己PR法についてもプロの視点で細かいアドバイスをしてくれます。登録・相談も無料なので、まずは登録をしてみてはいかがでしょうか?

何をするにも遅すぎるということはありません。
ということはよく聞くのですが、現実にはどうしても年齢制限とか気になると思います。
実際のところはどうなのでしょうか?
年代別に検討してみたいと思います。

【20代】
新卒者と変わりない年代のため、気にすることはないでしょう。
何があっても、まだまだやり直せる年代です。
しかし専門職の場合キャリアがものをいう世界なので慎重に考えるべきですが、無駄に時間だけが過ぎ去る状況は避けるべきです。
20代のエンジニアが転職を考えている場合に陥りやすいのが「いろいろと考えているうちに年を取ってしまう」ことだそうです。
エンジニア市場の場合、30歳ぐらいが現実なボーダーラインと言われます。
20代のことは会社側も教育して育てようと思ってくれるところも多いですが、30歳を過ぎるとやはり経験のある即戦力が求められることが多いそうです。

【30代】
専門職への転職は難しい世代だといわれていますが、まだまだ大丈夫なようです。
エンジニアの場合、35歳が転職のボーダーラインと言われていますので決断は早いほうがいいでしょう。
しかし、20代と違い、30代の人材に会社が求めるのは専門性とかマネジメント能力など、なにか秀でた経験やスキルといったベテラン要素になります。
そのため、専門性を高めて経験を積みつつ、ほかの人に負けない「何か」を作る必要性があります。

【40代】
平サラリーマンとしての転職は難しい世代です。
人手不足のところなら何とかなるかもしれませんが、それより今のスキルと経験を生かせる道を探したほうが良いでしょう。
エンジニアの場合でもやはりそれなりの経験・知識・専門性・マネジメント能力が求められます。
しかし、逆に言えばそれらの能力を備えているのならば、相手側の会社から大歓迎されることもあります。
エンジニアの40代での転職の多くは、相手側からのオファーか、フリーランスで活躍しているかだそうです。

こうしてみてみると、スキルアップのための転職であれば20代がチャンス。
逆に30代以降は自分の持つ経験とスキルをどう生かすか?が転職のポイントとなりそうです。
結論から言えば、転職に年齢は関係なく、相手側の望む経験・スキルなどを持っていればいつでも転職ができるということです。
裏を返せば、エンジニアから他業種、もしくは他業種からエンジニアへの転職は30代を過ぎると厳しいと言うことになります。

不景気といわれるこの世の中、「自分のスキルアップをしたい」「手に職をつけたい」などの理由で転職を考える人も多いようです。
その中でも人気なのがIT関連。エンジニアになりたいという人が数多くいます。
しかし、エンジニアというと「プログラミングの知識」とか「IT関連の専門的な知識」が必要だから無理かな?と思っている方も多いはずですが、求人情報を見ていると「未経験者可」という企業も数多くあります。

そこで、未経験でもエンジニアに転職できる方法を考えてみましょう。
まず、専門的な知識が必要と思われがちなエンジニアですが、実際には実務経験がなくてもなれる職業です。もちろん専門知識があるに越したことはありませんが。
エンジニアといっても、その仕事内容は様々です。パソコンのソフトを作る仕事もあればネット環境を整えたり運用したりする仕事もあります。
会社によってさまざまだとは思いますが、エンジニアの仕事内容をいくつか紹介します。

・プログラマー:パソコンのソフトやスマートホンのアプリなどプログラミングしてソフトを作る仕事です。
・システムエンジニア:一般にSEと呼ばれるもので、ソフトを使用するお客様の要望をもとに設計図を書く仕事です。
・ネットワークエンジニア:インターネットなどのネットワーク上で安全に運用できるように管理運営する仕事です。

以上のように一口にエンジニアといっても多種多様な仕事内容があるわけで、その仕事内容に応じた能力が必要となってくるのです。
では、具体的にどうすればいいのか?

やはり「未経験者歓迎のエンジニア求人」を探すところから始めるといいでしょう。
ハローワークや求人情報サイトなどを頼りに少しでも自分の条件に合うところがあれば情報を集めていきましょう。
できれば研修制度が充実しているところがいいと思います。
求人をしている会社も未経験歓迎の求人なのでITの専門知識など最初から求めてはいません。
未経験者でも一から育てて会社の力にしたいと思っているところは多くあります。
それよりも意欲やコミュニケーション能力を見るところが多いはずですので、面接時にはそういうところをアピールするとよいかもしれません。

ただし、やはり専門職の業界である以上、転職後の環境は厳しいものがあるようです。
飛び交う専門用語に、知らないことばかりの中で続けていくには、かなりの努力と忍耐が必要とされます。
これはエンジニアに限ったことではないですが、それでも、あらゆる苦難を乗り越えてエンジニアになるという気持ちがあれば、きっとうまくいくことでしょう。

エンジニアたちの業務内容は過酷なようで、異業種への転職を考える方も多いと聞きます。
しかし、エンジニアという専門職から異業種への転職は思うほど容易なのでしょうか?
転職を考えているエンジニアたちの多くは「次にどんな職種や業種につこう」と具体的に考えてはいなく、「とにかくやめよう」という気持ちでいっぱいだと思います。

しかし、「やめてから考えよう」「今までとは全く違う業種へ転職しよう」「フランチャイズで独立開店もいいかも」「勉強して資格を取って再スタートだ」などと考えているのならば、今一度落ち着いてよく考えましょう。
これらの道は、はるかに険しく一歩間違うととんでもないことになってしまうような非常にリスクの高い選択肢です。
ですので、転職する前に次の職種を定めて就職活動をしたほうがいいと思います。
では、エンジニアが異業種への転職を考えたとき、次の業種はどういうところがいいのでしょうか?
全くの異業種となると未経験者ということになります。
今のご時世未経験者をどんどん雇ってくれる会社というのは、どんどん人が辞めていくので慢性的に人手不足というケースが多いのも事実です。
ではどうすればいいのでしょうか?

それは異業種でも今まで培ってきたエンジニアとしてのスキルや経験が生かせるところを探せばいいのです。
全く異業種の企業の中でIT関連全般を担当する仕事などです。
IT事務関連システムの保守や生産管理など、異業種では専門的な知識を持っていない人が多いため、今までのスキルや経験は十分に生かされることになります。
実質は「社内のIT担当」という意味合いが強いかとは思います。最初のうちはシステムの保守から、パソコン周りの雑用まで何でもこなす「雑用係」的な感じになるかもしれません。
しかし、場合によっては「IT担当」の仕事内容が広がっていき「自社のホームページの作成・運営」から「ウェブ上でのマーケティング戦略」の分野にまで広がる可能性があります。
そういう意味合いも含めて、今エンジニアたちの間では、異業種に転職するなら「社内SE」が大人気だそうです。

社内SEを活用すればそれをきっかけに他の経験やキャリアを積むこともできるので、エンジニアからの転職という意味では、まさしく最適なのではないでしょうか?
転職を考えているITエンジニアには以下のサイトが参考になります。
ITエンジニア転職パーフェクトガイド

他には「フリーランス」という手段もあります。
フリーランスの最大のメリットは「給料が高いこと」だと思います。
契約を取れば、そのままが自分の報酬になるわけですから、当然ですね。
しかし、仕事がなければ給料も出ないという側面もあるわけで、不安定であるということは覚悟する必要性があります。
その覚悟があるのならばフリーになるのもいいかもしれません。

スマホユーザーが増加をすると、スマホアプリも特徴的なものが出てくるようになります。
スマホアプリ開発を行う企業も増加をしており、求人数も伸びてきています。
スマホアプリ開発を行う仕事に就きたいと考えているのであれば、まずどういう人材が求められているのか、ということチェックしてみるとよいです。

IT関連業になるので、スマホアプリを開発する際に必要となるIT関連の知識や技術も求められてくるので、日頃から勉強しなければいけませんし、実際に個人でスマホアプリを開発して自分の限界を知っておくことも大事です。
実際にスマホアプリを開発した経験がある場合には、選考の際に参考にすることもできますし、どこまで出来るのかということを判断する材料ともなります。
ですからスマホアプリを開発する企業に就業をしたい場合には、様々なスマホアプリを自分で開発してみるとよいでしょう。

またスマホアプリを開発する際には、様々なクライアントがいます。
企業の場合もありますし、個人で依頼をしてくるような場合もあるでしょう。
納期も定められているので、納期に間に合うようにスケジュールを組むことができたり、納期ギリギリになってしまうようなこともあるかもしれないので、徹夜でも仕事が出来るような体力のある人が求められることもあります。

スマホアプリ開発業者への求人は基本的にIT関連業の求人を取り扱っている求人サイトをチェックしてみるとよいでしょう。
必要となるスキルなども求人サイトに公開されていることがあるので、自分がその条件をクリヤーしているのかどうか、ということも確認をすることができます。

転職の場合には実務経験が1年以上なければ受け入れることが出来ないとしている企業もあります。
専門の求人サイトであれば、かなり細かいところまで条件を提示していることがあるので、十分に確認をした上でエントリーをするとよいでしょう。
けして楽な仕事ではありませんし、納期の厳守など厳しい部分もあります。
それでもスマホアプリ開発に関わっていきたいという強い意志があれば、挑戦をしてみるとよいでしょう。

趣味でスマホアプリを開発している人であっても、開発をしたアプリが独創的であったり、人気が出ているものであれば、それを本業をして就業をすることが出来るかもしれません。
まずは自作のアプリを開発してみるとよいですし、どういうところで悩むことになるのかということも開発をすることで見えてくる場合もあります。

自社でスマホアプリを開発したいと考えることもあるかもしれません。
特に若い世代はスマホを使っている人が多く、アプリをダウンロードしてスマホをより自分が使いやすいように工夫をしています。
スマホアプリを開発することによって、自社の宣伝にもつながりますし、製品やサービスを知ってもらう機会になるかもしれません。

自社でスマホアプリ開発を行うともなると、専門的な知識が必要となります。
誰もが得意としている分野というわけではないので、自社で開発をすることが困難だと判断した場合には、スマホアプリ開発を専門に行っている会社に依頼をするとよいです。
まずは開発をするスマホアプリがiPhone向けなのか、Android向けなのか、ということを検討する必要があります。
両方のスマホに対応をするアプリを開発したいと考えるかもしれませんが、作成方法が異なってくるので、難しいでしょう。
それでも同じ内容のアプリをiPhoneとAndroid両方で使うことが出来るようにしている場合もあります。

スマホアプリを開発する会社はiPhone、Androidそれぞれでに限定をしているわけではなく、どちらでも対応をすることが出来るようになっているところがほとんどなので、安心をして依頼をすることができます。

どのようなスマホアプリを開発したことがあるのか、という基本情報も細菌ではオンラインで確認をすることが出来るようになっているので、依頼をする専門会社を決めやすくもなっています。
出来るだけ実績のある専門会社に依頼をしたいと思うのは当然のことですし、納期など柔軟に対応をしてくれるところであれば、信頼をすることが出来るでしょう。

スマホアプリの開発を専門に行っている会社は年々増加をしています。
それだけ需要があるので、どこの専門会社に依頼をしたらよいのか分からないということもあるでしょう。
柔軟に対応をしてくれるところであることも大事ですし、ある程度の我儘にも対応してくれるところが依頼しやすいのかもしれません。
また打ち合わせも頻繁に行ってくれるところ、メールや電話だけではなく、キチンと対面をして打ち合わせを行ってくれるようなところであれば、顔を見て仕事をすることが出来るので安心感を得ることができます。
実際にスマホアプリ開発会社に依頼をしてアプリ開発を行った企業の意見なども参考にしてみるとよいかもしれません。
実際に開発をしたアプリをチェックしてみるのもよいでしょう。

スマホアプリを開発して、収入を得ることは不可能なことではありません。
ヒットをするスマホアプリであれば、大きな収入を得ることは出来るでしょう。
今は収入が下がってきている人が多いので、スマホアプリ開発を副業をして収入を得ている人もいます。
どれくらいの収入を得ることが出来るのでしょうか?

せっかくスマホアプリを開発しても、宣伝をしなければ意味がありません。
スマホアプリは多くの人にダウンロードをしてもらうことによって収入を得ることが出来ます。
個人で開発をしたスマホアプリでも特徴的であれば、メディアに取り上げられることもありますし、そうすることによって注目も集め、その結果大きな収入につながるということがあります。

副業なのでお小遣い程度の収入を得ることが出来ればよい、趣味でスマホアプリ開発を行っているので、その趣味を生かした収入を得ることが出来ればよいという考えであれば、気楽に始めることも出来るでしょう。

スマホアプリ開発には専門的な知識も必要となります。
どんなスキルがあればよいのか、調べてみるのもよいでしょう。
また言語は、iOSがObjective-C、AndroidがJavaを習得しておくとよいです。

iOSとAndroidではスマホアプリの仕組みが違うということがあるので、どちら向けのアプリを開発するのかということも考えておく必要があります。
今はAndroidのほうがユーザー数が多いということもあるので、Android向けのアプリを開発する人が多いそうです。
自分でこんなアプリがあったらいいな、というものを開発するとよいかもしれません。
需要がないスマホアプリを開発しても、収入を得ることは出来ないのです。

個人で販売をする方法もありますが、専門業者に納品をして収入を得る方法もあります。
時間がある時に開発をすればよいですし、工夫次第で様々なものを作ることが出来るようになるので、可能性は無限大です。

実際に副業を言えるくらいに収入を得ることが出来るようになるためには、時間もかかるかもしれません。
コツコツ開発をして売り込むという方法もあるので、自分に合うアプリ開発を行っていくとよいです。

生活に役立つスマホアプリであれば、大きな収入を期待することも出来るでしょう。
しかし誰もが生活に役立つスマホアプリを開発することが出来るわけではないので、面白いものを考えてみると注目度が上がって、大きな利益を生み出す可能性もあります。

スマホユーザーが増加をしているということは、アプリを利用する人も増加しているということです。
自分が使いたいと思えるようなアプリをダウンロードして、その上で自分のスマホをよりよい環境にする、ということが一般的になりました。

スマホアプリの種類も増加しています。
スマホアプリを開発して、収入を得ることが出来るという方法もあります。
スマホアプリに広告を出し、その広告が表示されるたびに収入が発生するシステムであったり、広告をクリックしたことによって収入を得ることが出来るシステムもあります。
その場合、単価が低いことが多いので、できるだけ多くの人にアプリを見てもらうということが必要となります。

スマホアプリで収入を得るというのは、最初は大きな利益を得ることが出来ないということがあります。
工夫をして多くの人に見てもらわなければいけませんし、ダウンロードをしてもらわなければいけないということがあるので、広告収入を得ることは難しいです。

スマホアプリを自分で開発して、販売し、専門業者に買い取ってもらう方法もあります。
爆発的なヒットになるかもしれませんが、素人が作ったスマホアプリで人気が出るものは限られています。
個人向けに開発をするアプリを想定するよりも、企業向けのアプリを開発したほうが、大きな収入を得ることが出来る可能性が高いです。

注意をしなければいけないのは、スマホアプリを開発して、それを業者に買い取ってもらう方法であればよいのですが、個人で所有をした場合、維持費もかかってくるということです。
利用をするサーバーによってもこの維持費は変わってくると思われるので、どこのサーバーを利用すると維持費を抑えることが出来るのか、ということもしっかり比較検討をしたほうがよいでしょう。

スマホアプリ開発はやってみようと思えば、誰にでも出来るものです。
斬新なアイディアがあれば、大ヒットをすることもあるかもしれません。
大きな利益を生み出すというのは大変かもしれませんが、1つのスマホアプリだけではなく、複数のスマホアプリを開発してみると、収入も多く得られるかもしれません。

スマホアプリで収入を得る場合、1度ダウンロード数が上がり始めるとそう簡単には落ちないということがあるので、何かのきっかけがあると大きな収入を得ることにもつながっていきます。
初心者でも出来るスマホアプリ開発を紹介しているウェブサイトもあるので、参考にしてみるとよいでしょう。

スマホユーザーが増加をすると、様々なアプリも開発されます。
自分のスマホの環境をよりよくしたい、便利なものにしたい、使いやすいようにしたいと考えるのは当然のことです。

しかしスマホアプリの中には不具合を起こしてしまうものもあります。
せっかく使っているのに、不具合を起こしては意味がありません。
自分でスマホアプリを開発して、スマホをより使いやすいように工夫してみるのもいいでしょう。

初心者でもスマホアプリの開発をすることが出来るのでしょうか?
実はプログラミングが不要なスマホアプリ開発ツールというものがいくつもあります。
クラウド上でアプリ開発を行い、それを公開することが出来るので、自分だけではなく、必要としている人が自由にダウンロードをすることが出来るようになっています。
無料で開発をすることが出来るようになっているツールもあるので、気軽にチャレンジをすることができます。

初心者にはハードルが高いと思っている人もいるかもしれませんが、テンプレートが用意されている開発ツールもあるので、より簡単に作成をすることができるようになっています。

プログラミングに関する専門的な知識がある場合には、Javaを使ったAndroid アプリ開発を行ってみるのもよいでしょう。
動画で分かりやすく解説をしてくれているところもあるので、気軽に作ってみることもできます。

オンライン上には、初心者でも簡単にアプリ開発を行うことが出来る方法が公開されているので、参考にしてみるのもよいでしょう。
特別な知識がなくても誰にでも作ることが出来る方法もあるので、やってみるだけの価値はあります。

10時間程度で公開をすることが出来る方法もあります。
全くの知識がなくても出来るというのは、アプリに興味がある人にとっては嬉しいことでしょうし、やってみようという気持ちにもなれます。
専門的にアプリの開発を行いたいと考えているのであれば、専門的な学校に通ってみるのもいいかもしれません。
初心者でも分かりやすくレクチャーしてくれる学校もたくさんあります。

アプリ開発を副業としたいと考えているのであれば、まずは初心者でも開発出来る手順で行ってみて、そこから学校に通うなどのステップアップをしてみるとよいでしょう。

スマホアプリ開発は難しいものであり、専門知識がなければ出来ないこと、というわけではありません。
興味がある人ならば誰にでも挑戦をすることができます。